2012年06月28日

スウェーデンの政治

大学は一応政治学部だったので、国際政治も受講しましたが、
そのなかで印象に残ったのは北欧の政治です。
よく「ゆりかごから墓場まで」と例えられますが、高福祉高負担社会です。
当時は、「ここまでしなくても」と思っていましたが、あれから10年以上たち
議員になって日本の少子高齢化の現状を知ると日本も考えなければならないと思い
少し調べてみました。

まず間接税が25%、対国民所得比で国民負担率を算定すると70.7%(日本は40.1%)
日本では消費税10%で議論のなか、スウェーデンが10%に引き上げたのは1967年、
1990年には25%に引き上げたのは驚きです

それでは政治はどうかというと、まず女性議員の大量進出です。
国会議員の約45%が女性で、県議は48%、さらに大臣も二人に一人が女性です
次に若手議員も活躍しています。2006年の首相は42歳、30歳代の大臣が5人
40歳代の大臣が9人、65歳を超えた大臣はいません。
そして投票率も驚異的です。国政選挙で2006年が81.9% 2002年が80.1%
1998年が81.4%です。

国が違えばここまで変わるのかと驚きました。選挙で投票される政治家にとって
増税を提案するのは難しいことです。だから逆に国民が喜ぶようなことを
言いたくなるのが心理だと思います。しかしスウェーデンでは日本と逆のことを
してきました。投票率が日本の2倍、消費税は5倍のスウェーデンの政治、
今後の参考にしたいと思います。
posted by 松本洋介 at 22:55| Comment(0) | 政治活動

2012年06月27日

自民党

昨年当選した後、県議の先輩として父から「おまえは、知識も経験もまだない
一人でいくらがんばっても限度がある、だからこそ多くの先輩方のいる会派で
自分の足りない部分をご指導頂いたほうがいい、これは行政に対しても同じだ
謙虚に誠実に皆さんに教えて頂く姿勢を忘れるな、地道に努力を続ければ
おのずと道が開ける」とアドバイスを受けました。

最初は自民党にお誘い頂いた時は正直戸惑いましたが、先輩としてのこの
助言が後押しとなり、入党しました。いろいろありましたが、
現在は18名の最大会派です。

議員になって1年以上過ぎるました、17名の先輩方には議長経験者が3名もいます。
父と近い年代の方々は、息子のように接してくれいろいろアドバイスを
してくださいます。同期の3名の方々は弟のように親身になってかわいがってくれます。

毎日県庁に出勤すると会派室に入るのですが、皆さんがやさしく声をかけて
くださり、最近はなんかホッとします。しかし会派で協議をするときは
皆さん政治家なので熱い議論をする時もありますが、決定すれば
一致団結して行動します。

学校の教科書に「政党とは同じ考えを持つ議員が集まり、協力して政治活動
にあたる団体」と記述してありました。一人での力は限られています
だからこそお互いに協力し、協議し、政治活動ができることはありがたいです。

先日自民党本部へ県連から数名で要望に行きました。
初めて谷垣総裁にお会いして名刺を渡しました。
緊張してあいさつする私に、総裁は「松本さんはどこの選挙区ですか?」と
質問され「空港のある大村です」とそれしか言えませんでした(−−)
それでも笑顔で「がんばってくださいね」と握手をしていただきました。
私みたいな若造の県議に丁寧に接してくださる総裁に感動でした。

国会議員の先生方、谷川先生、金子先生、北村先生もいろいろご指導して
くださいます。自民党は確かに野党で、今は厳しい状況ではありますが
組織の結束は固く、今の自民党のスローガンは「絆」です。
昨日の消費税法案の採決では民主党からは、57名の議員が造反しました。
それぞれ個人としての議員の考え方はあるのでしょうが・・・

本年度国家予算が概算で40兆の歳入、90兆の歳出、50兆の赤字
借金は1000兆を超えました。人口は将来まちがいなく大幅に減少します。
労働人口が減り、少子高齢化が進めば、税収が増える見込みはありません
日本の将来を決める総選挙がまもなくあるでしょう。政治家として私も
この国のため、長崎県のため、大村市のため、そして家族のため
何ができるかを考え、明日も議会でがんばります!

2012-06-26 12.13.13.jpg
中央が谷垣総裁 私は左から2番目です
posted by 松本洋介 at 22:11| Comment(0) | 政治活動

2012年06月26日

本当に、がんばらんば国体・・

昨日の文教厚生委員会での私の質疑が今朝の長崎新聞の記事になりました
2012-06-26 09.30.02.jpg

「がんばくん募金」についての質疑です。企業や個人から国体の運営の資金の一部として
目標4億円の寄付を集める事業ですが、前回の2月議会での質疑での実績は170万・・
今回は1300万となりましたが、目標まではあと3億8700万必要です(−−)
前回も今回も震災の影響や厳しい経済状況を考えると十分な実施計画を明示しなければ
厳しいと指摘しました。
私は毎年夏祭りの寄付を集めるお手伝いをしていますが、数万円の寄付を集めるだけでも
苦労します。行政は初めから予算ありきの活動なので、その認識のズレが不安ですたらーっ(汗)

また寄付を集める手法として国体のグッズ販売をしています。
前回の質疑でその販売は県庁や市役所の売店のみでした・・わざわざ行政の売店に県民が
グッズを買いに来るとは考えられない。もっと販売店を拡充して欲しい、各地区の店頭に
並ぶことでPRにもつながると要望しました。今回の質疑では販売店が24店舗に拡充された
ことが分かりました。ぜひ皆様のご理解ご協力をよろしくお願いします(^^)
2012-06-26 12.24.46.jpg


posted by 松本洋介 at 19:19| Comment(0) | 政治活動