2016年02月25日

動物愛護団体

以前事務所にある女性が相談に
こられました。その方は動物愛護活動
をしている方でした。

大村市の清掃センターの隣には
「畜犬管理所」といって身寄りのない
犬を管理する県の施設があるのですが
その方が言うには、まず名称がおかしい
なぜ畜犬なのか?そのような認識で犬を
扱ってほしくない

次に殺処分が多すぎる
熊本市は殺処分ゼロを目指す取り組み
をしているのに安易にガス室で
殺処分してほしくない

そこで自分は一人で犬の里親探しの
活動をしているが、行政が非協力的で
ボランティアで活動しているのに
なぜもっと協力してくれないのか

1時間ほど熱く語られ、その想いに感動
しました。これはなんとかしなくては
すぐに担当者と協議をしました
当初はあまり乗り気ではなかったのですが
その女性の熱意を伝えなくてはと
普段おとなしい私もかなり強く要望しました。

できることはすぐに、できないならその
明白な理由を できるにはどうすればいいか
協議をいっしょにさせて欲しいと・・・

その結果行政の迅速な対応で まず
名称は「動物管理所」に変更され
里親探しの対応も改善されました
このことをその女性に報告すると
涙ながらに喜ばれました。

実際に平成22年の殺処分は1744件でしたが
平成26年は1016件と大幅に減少し
譲渡については、平成22年は290件でしたが
平成26年は471件と増加しています。

このような取り組みは県民の皆様の
声を制度として取り入れた結果の一部です
そのためのパイプ役が政治家ですが、
この案件は特に印象深いものでありました
posted by 松本洋介 at 09:53| Comment(0) | 政治活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。