2016年02月22日

おかげさまでテスト結果は良かったのですが
今後のために解答用紙を見ながら
生徒と面談をしています。
どこが問題で何を改善すれば
今後の学力向上につながるか
一対一で話し合いながら
できるだけ本人の自主性を
引き出していきます。
そういったなかで
将来の夢や希望を持っている
生徒が少ないことを感じました。

文教厚生委員会に所属している時
気になるデーターを見つけました。
県内の小学6年生に「将来の夢が
ありますか」とアンケートすると
90%以上の児童が「ある」と
応えたのに対し、同じ質問を
中学2年生にしたところ なんと
「ある」と答えたのは6割弱でした

先日の授業で生徒にこう言いました
「人間の可能性は無限大で
君たちは今からでも東大に行くとか
医者になるとか 可能性はまだあるわけで
それを思うか思わないかのちがいで
人生は大きく変わる 自分の人生は
誰かがつくるのではなくて、
自分で切り開くものです。
ぜひ何でもいいから夢や目標をつくりましょう
そのためならつらいこともがんばれるはず
自分のために 次の目標に向かってがんばろう
そのサポートは先生が全力でします」

私が政治家を志した時
父に言われた「意志あるところに道あり」
There is a way
where there is a will.
この言葉を教室に掲げ、自分にも言い聞かせながら
今朝も街頭に立ちました(^^)


posted by 松本洋介 at 13:38| Comment(0) | 松本学院

2016年02月19日

政治家の役割

議員の時よく
「そもそも政治家の仕事って何ですか」
と聞かれたことがあります。

どうしてもメディアでは、何か不祥事が
あった時ぐらいしかとりあげられないので
何をやってんだと思われる方もいらっしゃるでしょう

政治家には、市長や知事の首長と
国会・県議会・市議会の議員の2種類あります
会社でいえば首長は社長 行政の運営のトップ
議員は社外取締役で予算執行のチェックをします
また議員は市民の代弁者として地域の声を聞き
行政に反映させ市民サービスの向上に繋げる役割もあります

チェックは主に議会の質疑にて行われます。
本会議や委員会で議員が質問をし、行政が答弁する
これまで私も多くの質問をしてきました。
そのなかで特に意識して取り組んだのは、

ただ批判するだけでも、
自分の意見だけを訴えても、
そこに根拠がなければ行政には
受け入れてもらえない

そこで質問のプロセスを
@現状における課題と背景
A現状の政策とその問題点
Bその問題点を解決する改善提案
という三段方式にして質問しました

議員経験がなかったの私ですが
課題点を見つけて、その改善点を
調査し、そして行政に提案する
それを行政が採用する
建設的で前向きな仕事でした

もう1つの役割は市民の声を聞くです
年間多くの会合や総会にお呼び頂く
なかで、地域や現場の声を聞き
その声を行政に届け、改善していく

これまでの陳情対応として多くの現場
畑や山の中、郡川や海岸、交差点など
行政の担当者と現地視察を行ってきました。
行政の理解と協力には感謝です

そこでポイントはただ見るだけでなく
事業執行はいくらかかり
いつやるのかの回答を確実にもらうことです
なんでもできるわけでもないので、
ここはできないと言われれば
なら、ここまではできませんか?と切り返す
ここはこういう理由でできないと言われれば
なら、こうやったらできますよねと切り返す
そういったやりとりをして
はれて事業執行につながるわけです

この時に大切なことは
やはり地元の熱意です。
議員はあくまでもパイプ役です

こういったことが
政治家の役割の一部でありますが
本当にやりがいのある仕事だと
思っております。

もちろん今も政治活動はしておりますし
学習塾で生徒に勉強を教えることも
やりがいはありますが(^^)

20130419_133840.jpg
posted by 松本洋介 at 10:33| Comment(0) | 政治活動

2016年02月18日

同級生

政治活動は辻立ちだけでなく
後援会活動も続けておりまして
毎月 青年部大洋会 婦人部ひまわり会は
定期的に15名程集まって会合をしております
今週末も ひまわり会定例会 
竹松地区世話人と政治家でなくても
支援をして下さる皆様に
感謝の気持ちでいっぱいですもうやだ〜(悲しい顔)

先週の大洋会の例会の後 数名で懇親会を
した時 小学生からの同級生でずっと応援
してくれる友達が「街頭に立っとるだけじゃ
なくて政策をもっと発信せんとだめぞ」
「みんな洋介が何をこれからするか注目
しとるとやっけん、元気だしてもっとがんばれさ」
「わいだけじゃなく おいもみんなもつらかとぞ
くやしくて夢も見るし、ブログはどうしたとや」
「自分の考えとか思いとかもっと訴えんば・・・」

などいつもおとなしい彼が酔っていたとはいえ
突然怒り出し、しかし真剣に私に話してくれました。
本当にうれしかったですもうやだ〜(悲しい顔) 
だからブログで今後も私の政策や活動を
皆さんにお伝えしていきますexclamation

20歳の時に政治を志した時 
母が私に言った言葉を思い出しました
政治家はいい時も悪い時もあります
あなたがもし落選しても
そばにいて励ましてくれる方、
厳しいことを言ってくれる方
そういった方が本当の支援者です。


20160218_131908.jpg
posted by 松本洋介 at 13:54| Comment(1) | 政治活動